• ホーム
  • ピルをやめたあと妊娠しやすいって本当?

ピルをやめたあと妊娠しやすいって本当?

2020年02月21日

ピルを止めると妊娠しやすくなるという噂がありますが実際はどうなのでしょうか。
ある実験によるとピルを服用していた方が服用をやめると50人に7人ほどの割合で妊娠したというデータがあります。
これはピルを止めたことによる反動という諸説がありますが明確な根拠はありません。
服用をやめたあとも避妊をしたいのなら別のコンドームなどで避妊するしかありません、再びピルを使うのも方法です。
一度服用をやめたらしばらくの間は服用してはいけないという物ではありませんので医師に相談して再開してみてください。

妊娠しやすくなるというのは決して体に悪い事ではありません。
体が健康でなければそもそも妊娠できないので妊娠したとしても体にいい妊娠と考えてください。
確かに言える事はピルを止めるとその次の日から普通に妊娠する体になるということです。
服用していたからと言って胎児の流産や早産をしやすくなるわけでなく妊娠しにくくなるわけではありません。
全て元通りになりますので今は避妊したいものの将来的には子供が欲しいという方は積極的に使うといいでしょう。
生殖器がいい具合に成熟するのも妊娠しやすくなる理由と言われています。

胎児に悪影響が出るものではありません、この薬はあくまでもホルモンに影響するものであり妊娠には影響しませんので安心して使ってください。
長く使っていると薬漬けになり体に悪そうですが医師に決められた分摂取している限りは影響は出ないものです。
これからピルを使って避妊をする方は止めたあと普通に妊娠するということを知っておいた方がいいでしょう。
妊娠しにくい体を作る薬ではないので気を付けてください。
逆に結婚されている方でもしばらくの間は計画のために子供が欲しくないという方にこそお勧めできる薬です。
コンドームなしでもきちんと服用している限り子供ができませんし女性ホルモンのバランスが整えられ不調を抑制できるという嬉しいメリットもあります。

ピルを正しく使うと妊活に効果

ピルは実は妊活をしたい方にも効果的で実際に使われています。
これを使う事でしばらくの間卵巣を休めることができるからです。
一般的に妊娠している間は卵巣は排卵しない状態になりますが妊娠した事のない人は初潮の時から毎月休む事なく排卵していることになるため卵巣は疲れてしまい老化します。
ですのピルを服用すれば老化をストップできるのです。

人にもよりますがピルを使っていた人がやめるとうまくタイミングがあえば一か月以内に妊娠することも可能です。
ホルモンバランスも良くなりますし一時的に妊娠しにくい体になるものの妊活のために使ってみてはいかがでしょうか。
ただ心配になるのは服用による影響です。
妊娠中流産や早産の影響は大丈夫でも奇形率が高くなるのではと心配される方も多いでしょう。
ピルを服用している方は絶対に奇形にならないというわけではありませんが普通に妊娠した場合と同じ奇形率になります、つまりほとんど変化なしです。

妊娠中だけでなく出産後も全く影響はありません、授乳をする上で何か薬の悪影響が出るわけではないので普通に授乳出来ます。
出産後母体に何か問題が出ることもありませんし何もかも変化なしと思っていいでしょう。
二人目の子供を作る上でも問題はないので心配しないでください。
人によってはこの薬が体に合わないこともあるのでまず妊活に使いたい場合は必ず医師に相談してください。
一般的に薬は長く続けていると体に良くないことをもたらす印象があります、ピルも副作用が全くないわけではありませんが飲んでいる間しか影響のでない薬でやめれば何もかも元通りになります。
色々と妊活をしてきて失敗してきた方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事
被害にあわないよう、自分にできること

レイプ被害は、大まかに2種類に分かれます。加害者が見ず知らずの相手の場合と顔見知りの場合です。レイプというと、夜道でいきなり襲われるイメージが大きいですが、実は顔見知りの犯行が8割近いというデータがあります。前者の場合は、夜道の一人歩きは避ける・そうせざるを得ない場合は人通りの多い道を選ぶ・防犯ブザ...

2020年05月22日
ピルと正しく向きあい、活用する知識をつけよう

ピルと聞くと避妊薬というイメージや、なんとなく怖いというイメージを持つ女性が多いです。けれども、ピルは世界中で多くの女性に使われている薬で正しい知識を持てば不必要に怖がる心配はありません。まず、ピルが危険だというイメージを作ってしまうものの中に女性ホルモンが含まれているからというものがあります。確か...

2020年04月17日
トリキュラーの効果とその仕組み

低用量ピルにはいくつもの種類があり、新しく発売が開始されるものもあります。そのため、低用量ピルの服用を始めたいと思った時には、どのピルを使うかという選択をしなくてはいけません。低用量ピルの中でも世界中で多くの人に使われており、日本でも人気の高いピルのひとつがトリキュラーです。たくさんある種類の中でも...

2020年01月16日
低用量ピルと中用量ピルの違い

ピルというと真っ先に避妊薬とイメージされることが多いものですが、避妊以外にも女性特有の女性ホルモンに関わる病気の治療薬としても用いられているものです。ピルには、低用量ピルと中用量ピル、高用量ピルと一般的に含まれている卵胞ホルモンの量によって3つに分類されています。その名前の通り中用量ピルは、女性ホル...

2020年03月21日
女性の疾患にも役に立つ!ピルの活用法

ピルは避妊のためだけでなく様々な疾患の治療にも使われている薬です。ピルは性行為をする若い人だけが使う薬というイメージを持っている人も多いのですが、実は全ての女性にとって関係を持つ可能性がある薬です。それはピルに含まれている成分が女性ホルモンだからです。女性は誰でも女性ホルモンが体内で分泌されており、...

2020年02月04日
正しく知って正しく使おう、低用量ピル

低用量ピルは女性ホルモンが含まれている錠剤で、女性が主体的にできる避妊方法として欧米を中心に利用する人が増えています。女性ホルモンが含まれているということで、体に害があるのではないかという不安を持つ人も多いようですが、低用量ピルに含まれるホルモン量はごくわずかです。ホルモン剤を使って病気の治療をする...

2019年12月28日
もしもの時に知っていきたいアフターピルの存在

性行為と妊娠は切っても切れない関係にあります。妊娠を望まないカップルにおいて、避妊は重要な手段ですが、中には行為中にコンドームが破れてしまうなどもトラブルも少なくありません。また、男性側が避妊に対して積極的ではないケースもあるでしょう。女性にとって、性行為の際に避妊をしていなかったり、避妊に失敗して...

2019年12月13日
アイピルの効能と正しい使用方法

アイピルは強制的に生理を起こすことによって受精卵が着床するのを防ぎ、避妊することができる医薬品です。有効成分の合成黄体ホルモンであるブロゲストーゲンとレボノルゲストレルが子宮内膜を剥がし、避妊効果は高めることができます。成功率は最高95%と言われていますが、飲むタイミングによっても成功率は変化します...

2019年11月30日